確実性に注目

債権は本来なら相手側がきちんと返済するなどの対応をしてくれるはずですが、音沙汰が無いときはこちらから債権回収を行います。少額債権についてはこちらで債権訴訟を行うこともできますが、より大きな額の債権を回収する際や、確実に債権を返済してもらいたいときは、弁護士を介して回収してもらいましょう。弁護士を雇うことで費用がかさむのは確実ですが、それに見合うだけの結果は残してくれます。

債権回収に弁護士を利用する最大のメリットは、より確実に債権を回収できることにあります。少額債権の回収については、少額訴訟を行うことになりますが、このとき弁護士がいると、弁護士が必要ない手続きにも弁護士がいるということで、こちらがどれだけ本気で回収に臨んでいるかを見せることができます。もちろん弁護士の知識はより回収の可能性を高めてくれるので、自分たちで回収に臨むよりも、専門家に任せたほうがスムーズに話が進むでしょう。

債権回収は時にはスムーズに行われないこともあります。どれだけ催促しても反応が無かったり、連絡がつかないことも珍しくないので、弁護士のサポートを依頼すれば、そうした事態にもすぐに対応できます。訴訟手続きや強制執行手続きなど、弁護士の知識が役立つ適切な法的手続きはたくさんあるので、それらを活用することで、債権回収の確実性はさらに高められるでしょう。

注目度を活かす

債権回収をよりスムーズに行いたいときは、弁護士にサポートしてもらいましょう。債権回収は小額なら自分たちで訴訟を起こすことができるなど、社内で解決できることも多いのですが、確実性を求めると、法に関する知識が不足している普通の従業員だと、少々不安な点があるのが正直なところです。そうした不安を解消するためにも、弁護士に対する注目度を活かし、回収に取り組んでくれる状況を作りましょう。

なんといっても弁護士の存在は、様々な場面で目立ちます。債権回収の際も弁護士に相談していることを知らせることで、いよいよとなれば訴訟も辞さないという意思を感じるようになるでしょう。こうした弁護士に対する注目度を利用することで、本格的な訴訟などに取り組む前に、相手のほうから債権の返済について話す機会を作るようになるかもしれません。もちろん訴訟になったとしても、弁護士のサポートがあればほぼ確実に勝利できます。

弁護士を雇うことで相談料や報酬が必要になるのは間違いありませんが、それと引き換えに問題を解消できるのは非常に大きな成果といえます。たとえ小額であっても確実に債権が解消できるのに越したことはありませんし、こうした事態が何度も続く企業に対しては、弁護士に相談してでも問題を解決するという意思を示し、関係を清算することにもつながります。たとえ大事な取引先でも、今後大きな問題に発展する要素があれば、弁護士に相談することも視野に入れましょう。